« SMAPの新しいCM♪ | トップページ | 土曜8時 『MR.BRAIN』 第5話・6話  »

映画 『I COME WITH THE RAIN』

見に行って来たんですけどね。

うん、感想なぁ~・・・。

以下、ネタばれありです。↓

兎に角、無駄に肌の露出が多い(笑)。

そないに脱がんでもいいやろ!と突っ込みたくなる。

ハスフォードとクラインのシーンは全体的に好きにはなれない(当たり前だ)。

でもハスフォードの「芸術作品」とやらは、あまりに原型とかけ離れすぎて気持ち悪いって感覚はなかったな。

そんで、クライン、心を病んでます。

病み過ぎです。

クラインの心の闇は、最後にシタオを救った事で逆にシタオに救われた?

そのシタオですが。

最初っから最後まで痛い(涙)。

劇中でリリに「あなたは世界で一番美しい」とか言われてましたがまさに。

リリってば、結構なセクシーな格好をしてるのに、シタオとのシーンはちっともいやらしく見えないから不思議。

シタオがリリの髪を洗ってあげてるシーンと、苦しむリリを抱きしめて眠るシタオのシーンが結構好きです。

体中傷だらけになって、痛みに怯えて、それでも求められたら癒そうとする。

シタオの存在意義は何なんだろう・・・。

シタオに救われて、一度はドンポのもとに帰ったのに再びシタオの前に現れたリリはシタオを救いたかったのかな?

しかし、ビョンさま演じるス・ドンポもちょっと異常な人でしたねぇ・・・。

あのビョンさまは、ビョンさまファンのオバさま達にはキツかったんではなかろうか。

あ、でも、リリが帰ってきた時の嬉しくてソワソワしてるシーンは可愛かった。

どんなに冷酷で残虐的でも、やっぱりちゃんと誰かを愛する心はあるんだねぇ。

ス・ドンポの天敵、ジョー・メンジー刑事が結構男前で好きでした。

演じてるショーン・ユーさん、パンフレット見たら私と同い年・・・。

ビックリです。

シタオが「生まれ変わった」シーンはとっても神秘的でしたね。

拓哉くんが沢山のムシさんと共演したシーンですね。

監督に「ソーリー、タクヤ」って謝られながら撮ったシーンね(笑)。

しかし、あの終わり方はどういう風にとらえたらいいのかなぁ・・・?

ハッピー?

あの後、クラインとシタオはどうするんだろう?

ドンポに心境の変化はあるのかな?

リリはシタオが生きてる事を知ってる?

シタオの父は帰ってきた息子にどんな対応をするんだろ?

頭の中に様々な「?」が浮かぶ終わり方。

見る人によって捉え方は違うだろうなぁ~って感じの終わり方でした。

とりあえず、日本のテレビドラマや映画では見れない拓哉くんでしたね。

痛い演技が上手いから、こっちも痛かったよ・・・。

|

« SMAPの新しいCM♪ | トップページ | 土曜8時 『MR.BRAIN』 第5話・6話  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

木村拓哉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443317/30307301

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『I COME WITH THE RAIN』:

« SMAPの新しいCM♪ | トップページ | 土曜8時 『MR.BRAIN』 第5話・6話  »